有馬記念はジェンティルドンナに脱帽だった。正直、間違っても来ないと思っていただけに、完敗としか言いようがない。期待してくださったメルマガ読者の皆様、またブログを見てくださっている皆様には役に立てなくて申し訳ない。

有馬記念の徹底回顧は後ほど。

とりあえず、本日行われる東京大賞典について。

大井10R 東京大賞典

◎06 ホッコータルマエ
○14 ワンダーアキュート
▲16 ローマンレジェンド
☆02 クリソライト
△07 コパノリッキー

まず軸としてホッコータルマエの信頼性は高い。帝王賞、東京大賞典を勝っているため、舞台適正の高さは言うまでもない。

自在性があるため、自分に有利な展開を作ることができる。事実上、少頭数立てで行われる地方競馬の場合、レースをコントロールできるため、中央より信頼性は高い。しかも前走、チャンピオンズカップを制してここに臨んできている。優位性は揺るがないはずだ。

ワンダーアキュートは年齢と前走の分、なかなか人気にならないが、まだまだ力は衰えていない。

チャンピオンズカップでは敗れているが、位置取りが絶望的だった。馬券圏内に入った3頭が4角4番手以内という位置取りだったのだから、4角13番手では厳しい。それでも5着にまで迫ってきたのだから、まだまだ一級戦で戦える力があると考えていいだろう。

大井の2000mは帝王賞を制した舞台。復活の可能性は十分と見る。

ローマンレジェンドは良馬場なら嫌おうと考えていたが、今回は道悪。馬力よりスピードが求められる馬場であれば、今回も出番ありか。以下、コパノリッキー、クリソライトまで。

なお、年が明けてすぐに東西で金杯が行われる。

中山金杯、京都金杯の注目馬を挙げておこう

その馬の名(中山金杯→A、京都金杯→B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!