チャンピオンズカップなど、今週の回顧は後ほど改めて。今回は阪神ジュベナイルフィリーズの概要について見ていこう。

阪神JFは阪神芝外回り1600mで行われる牝馬限定の2歳GIだ。ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネといった歴史的名牝が勝ったレースとして知られている。

そんな“2歳女王決定戦”で重要になるのはどんな要素なのか?

今回は検証の所見をお伝えする。歴代好走馬の血統と、ポイントを書き綴っていこう。

阪神ジュベナイルフィリーズ│過去5回好走馬血統
馬名種牡馬母父馬
レッドリヴェール5ステイゴールドDixieland Band
ハープスター1ディープインパクトファルブラヴ
フォーエバーモア8ネオユニヴァースPentelicus
ローブティサージュ5ウォーエンブレムSingspiel
クロフネサプライズ15クロフネトニービン
レッドセシリア10ハーツクライSelkirk
ジョワドヴィーヴル4ディープインパクトCaerleon
アイムユアーズ8ファルブラヴエルコンドルパサー
サウンドオブハート1アグネスタキオンCaerleon
レーヴディソール1アグネスタキオンHighest Honor
ホエールキャプチャ4クロフネサンデーサイレンス
ライステラス8ソングオブウインドスピードワールド
アパパネ2キングカメハメハSalt Lake
アニメイトバイオ5ゼンノロブロイフレンチデピュティ
ベストクルーズ6クロフネサンデーサイレンス

集計期間:2009.12.13 ~ 2013.12. 8

出走予定・登録馬はこちら↓↓

阪神ジュベナイルフィリーズ2014│出走予定・登録馬!人気馬を予想

好走馬血統分析所見

1.阪神芝外回り1600mになった2006年以降、2012年のローブティサージュを除く7頭は父がクラシックホース(ステイゴールド、ディープインパクト、アグネスタキオン、キングカメハメハ、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、タニノギムレット)

2.本格派の舞台であるため、サンデー系×欧州ノーザンダンサー系のようなベタな本格派血統が強い

3.穴馬はだいたい、グレイソヴリン(トニービン)やキングマンボの血を持っている

4.後々の話。2006年以降の勝ち馬8頭のうち、4頭はクラシックホースに。昨年のレッドリヴェールも桜花賞2着。同2着のハープスターは桜花賞1着、オークス2着。クラシックにつながるレースのため、今後に注目

だいたいこんなところだろうか。具体的な検証は、週明けからスタートしていこう。

なお、パッと見、面白いと思うのはこの馬(A)↓↓(ランキング内で『A→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)