(C)y.tsutaya

今回はジャパンカップダートの“全頭診断”を行う。

これまで「格」、「ローテーション」、「血統」、「3歳馬や外国馬の位置づけ」など、様々な角度から検証を行ってきた。

そのことを加味した上での「総評」をお届けする。今回は第1弾。

なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。では、ダート王決定戦のメンバーを紐解いていこう。

全頭診断その1

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去3年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

1-1 ローマンレジェンド
メールマガジンに掲載

1-2 グレープブランデー(B)
父マンハッタンカフェ、母父ジャッジアンジェルーチという血統。

父は菊花賞と天皇賞春を制していて好走血統に合致。しかも父母父と母母父はセントサイモン系。相当底力を持っている馬と言っていいだろう。

しかも父、母の系統ともに、阪神ダート1800Mへの適性が高い。

マンハッタンカフェ
(11―8―7―51)
複勝率34%
複勝回収値101

母父ボールドルーラー系
(8―9―12―44)
複勝率40%
複勝回収値98

ご覧のとおり、いずれも複勝率40%を超えている。

今年のフェブラリーSの勝ち馬で、みやこS組。前走は59キロで敗れたが、斤量が2キロも軽くなる今回のほうがチャンスがあることは明らかだ。好走のための条件はそろっている

だからこの馬の場合は調子が戻っているかどうかが問題だ。その点は見極めなければいけないが、人気がないなら思い切って狙ってみるのも面白い。

2-3 メーデイア(C)
父キングヘイロー、Lord Avieという血統。

キングヘイローは芝の一級戦で活躍した馬で、短距離馬だったが有馬記念で4着に入るなど、距離の融通のきく馬だった。当コースでの成績も高く、強調できる種牡馬の1頭いえる。

昨年はホワイトマズル産駒のニホンピロアワーズと、カリズマティック産駒のワンダーアキュートが連対。父ノーザンダンサー系というのは明らかに強調できる。母方が心もとないため血統評価は下げたが、それでも走っておかしくない血統だと考えられる。

前走JBCレディースクラシックを制してGI馬の仲間入りを果たした。3連勝中と勢いもある。

気になるとすれば、一気の相手強化だろうか。ここ最近は牝馬限定戦で圧勝してきているが、反対に言えば揉まれた経験が少なく、牡馬との対戦で怯む可能性があり得るということだ。

強い牝馬が出ていなかったとはいえ、過去の牝馬の成績は(0―0―0―6)と振るわない。2011年にはラヴェリータがあと一歩の4着に入ったくらい。

あまりにも人気が内容なら検討しても良いが、この馬も本命を打てるタイプの馬ではない。

2-4 エスポワールシチー(A)
父ゴールドアリュール、母父ブライアンズタイムという血統。

血統だけ見れば何の問題もない。“サンデー系のダート番長”ゴールドアリュールを父に持ち、母父は3冠馬を輩出したブライアンズタイム。

スピードと底力を持ち合わせる配合で、この馬自身がJCダートで2度好走していることでも適性の高さは伺える。

問題は他にある。

言わずと知れたダート王も気づけば8歳。ここ2走は復調してGIで2連勝しているが、全盛期の力にないことは確かだろう。

JDダートでも高齢馬の成績はよくなく、14頭が走って(0―0―1―13)。もちろん、この出走馬の中ではエスポワールシチーが一番格上だろうが、好ましいデータではない。

さらに前走からの距離延長というのもいただけない。JCダートは底力が要求されるレースであるため、前走同距離以上だった馬が好成績を残している。

一方、距離延長組の成績はというと(2―1―0―26)で複勝率はわずか10%。(ちなみに同距離組は複勝率32%。武蔵野S組が振るわないのはこのせいでもある)

エスポワールシチーは前走1400Mを走っているため、ローテーション的には強調できない。

復調の兆しがあること、このレースで引退になることで人気になりそうだが、この馬もリスクがある馬だと言える。

3-5 クリソライト
メールマガジンに掲載

3-6 ホッコータルマエ
メールマガジンに掲載

4-7 ブライトライン
メールマガジンに掲載

4-8 ワンダーアキュート(B)
父カリズマティック、母父プレザントタップという血統。

2年連続で2着に来ているため、血統に関して説明する必要はないだろう。やはりセントサイモンの底力は偉大なのだ。

前走はホッコータルマエに完敗を喫したが、着差ほど悪い内容ではなかった

小回りの金沢で大外枠というのはかなり不利。1枠1番からすんなり最内を進めたホッコータルマエとは
距離ロスという点でかなりの差があった。枠が逆なら結果は違ったものになったかもしれない。

当然今年も馬券圏内に入ってくる可能性のある馬だろう。

ということで、「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!