(C)masa

前回の検証では、「今年のジャパンカップダートで3歳馬に注目する理由」について書いた。

今年、3歳馬の斤量は55キロ。(※例年は56キロ)いつもなら斤量負担が大きいため嫌っている3歳馬も、今年は積極的に買うことができる

では、どういった馬を買っていくべきなのか? 今回はまた違った角度から検証していこう。

JCダートの最重要ローテは…

今回はローテーションについて書いていきたいと思う。

JCダートではローテーションが一つの大きなカギとなる。

主なステップとなるのは以下のとおりだ。

・東京(主に武蔵野S)
・京都(主にみやこS)
・地方(主にJBCクラシック)

近年、ダート路線はしっかりと整備されてきて、選べる選択肢も増えてきている。

JCダートの場合も、主に3つの路線から馬が集まってくる。

ただ、傾向を見ていると、JCダートで好走できる馬が歩んでくるローテーションには偏りが見られる。

結論から言えば、JCダートの最重要ステップといえるのは京都のみやこSだ。

しかし、なぜみやこS組は強調できるのか?

勝ち馬のレベルで言えばJBCクラシック組のほうが強い。

実際、トランセンドやワンダーアキュートはJBCクラシックをステップに、ここで好走している。

だから、JBCクラシック組が強調できないというわけではない。

しかし、最重要なのはやはりみやこSなのだ。

では、なぜみやこS組は強調できるのか? ここにはれっきとした理由がある。

少し考えれば分かることだが、競馬を考えていく上では非常に重要なことであるため、この件についてはメルマガで書いていきたい。

とにかく、今年もみやこS組から好走馬が出る可能性は高い。

となると、この馬が穴を開ける可能性は十分にありそうだ。

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

次回はJDダートの血統面を見ていくことにしよう。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!