何年も競馬をやっているが、いまでも週のように血統の恐ろしさを痛感する。

週中からブログで散々書いてきたように、七夕賞のポイントはパワーとスタミナだ。

☆━━━━PR━━━━☆
JIN競馬メルマガ
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

好走馬の70%が持っていたニジンスキーをはじめとして、ダートの血(ミスプロやボールドルーラー等)やサドラーズウェルズに関してもさんざん指摘してきた。

加えて上がり3Fの重要性にも触れ、14番人気のアスカクリチャンを大穴に抜擢。しかし、軸馬のトップカミングはゲートで出負し、道中もチグハグな競馬で万事休す。本当にもったいないことをした。

アスカクリチャンはまさに七夕賞血統。母母父に特注血統のニジンスキー系の血を持ち、父はミスプロ系。パワー、スタミナ共に問題のない配合だった。思い切って本命を打てなかったことが悔やまれる。

最後までアスカクリチャンを追い詰めたトーセンラーは母父ミスプロ系、母母父サドラーズウェルズという血統。ディープインパクト産駒の成績が低く、他にもマイナス要素があったため買い目に入れなかったが、好走血統に合致する母系を持っていただけに、そちらを重視するという選択肢もあったはず。

血統を追いかけ、血統に翻弄され、結果を見てああすれば良かった、こうすれば良かった。それが競馬の醍醐味といえば醍醐味だが(苦笑)、より精度を上げていかなければいけないと痛感したレースだった。

さて、今週は函館記念。昨年は10歳馬マヤノライジンを本命に抜擢し的中したレースだ。このレースの鍵となるのは、毎年決まっている。ズバリ、レース質。持続力レースに適応できる馬こそ、このレースを制する。

となると、現時点で有力馬と考えられるのは、以下の馬になります。

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在30位!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!