復活を期すダノンヨーヨー (C)arima0208

◎13 ダノンヨーヨー
◯07 セイクレットレーヴ

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

☆10 ファイナルフォーム
△17 スピリタス
△05 サトノタイガー
×14 スマイルジャック
×06 ダローネガ

東京芝1600mで行われる富士S。激戦必至のメンバーが揃ったが、本命はダノンヨーヨーとする




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

現在の東京の芝は非常にパワーがいる状態。実際、ここ2週のマイル戦で穴を開けた馬の多くが、父か母父がミスプロ系だった。

スピードとパワーがいる馬場ということで、サンデーサイレンス×アメリカダート血統という組み合わせが最も好ましい。また、脚質的にはペース次第のフラットな状態。

ダノンヨーヨーは、父ダンスインザダーク、母父フォーティナイナーで、まさに現在の馬場状態に合致している馬。馬券圏内に入れない日々が続いているが、前走の毎日王冠も悪い内容ではなかったし、このメンバーなら実力は上位だろう。

基本的にダンスインザダークはこのコースに向かないが、自身は一昨年の富士S勝利の他にも安田記念4着などの実績もあるだけに問題はないだろう。復活があるならこのタイミングがベストである。

2番手のセイクレットレーヴも非常に有力。父アドマイヤムーン、母父はSSと同じヘイルトゥリーズン系のブライアンズタイム。また、父母父がSSであるだけに、馬場状態には合致していると言える。横山典弘騎手は東京マイルで最も信頼出来る騎手の一人でもあるだけに、激走に期待。

以下もスピードとパワーという要素を重視。タニノギムレット産駒の2頭は大穴を開ける可能性を秘めている。また、人気どころでいえばフラガラッハはややパワー不足感が否めず、過去2走よりも条件が向かない今回は思い切って無印。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!