先週で東京と京都開催は閉幕。変わって中山、阪神、そして中京が開幕する。

特に中山は改修工事を行い、路盤の工事を行ったため、どんな馬場になっているのか、かなり楽しみ。そんな中で行われる名物長距離重賞、ステイヤーズステークスに注目していきたい。

ステイヤーズステークスとは?

ステイヤーズステークスは中山芝3600mで行われる長距離GIIだ。

JRAの重賞の中で最も距離が長い。普通の競走馬は3600mなんて距離を経験しない。むしろ中山競馬場を2周半もする。このレース以外でこれだけの長距離を経験できるのは障害レースくらいだ。

だからこそ、どの馬が強調できるのか、難しい。馬の強さというより、長距離適性があるかどうかを見極める作業が重要になってくるからだ。

しかし、難しいからこそ、波乱が期待できる。過去、明らかに大波乱という年はあまり多くないものの、過去7年中6年で7番人気以下の人気薄が馬券に絡んでいる。今年も波乱を狙い、検証していきたい。

チャンピオンズカップの出走メンバーと見どころ

2014年12月 6日(土) 4回中山1日目 20頭 [仮想出馬表]
【11R】  第48回スポーツニッポン賞ステイヤーズS
3歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(特指) 芝3600m (A)

馬名性齢母父
アップルジャック牡6アポインテッドデイアサティス
カポーティスター牡5ハーツクライCapote
カンタベリーナイト牡5スパイキュールハンティングホーク
クリールカイザー牡5キングヘイローサツカーボーイ
ケイアイチョウサン牡4ステイゴールドシンボリクリスエス
コスモナイスガイ牡4アグネスデジタルエルハーブ
サイモントルナーレ牡8ゴールドアリュールアフリート
スカイディグニティ牡5ブライアンズタイムノーザンテースト
スズカデヴィアス牡3キングカメハメハサンデーサイレンス
スノードン牡5アドマイヤムーンLemon Drop Kid
セイクリッドバレー牡8タニノギムレットフジキセキ
デスペラード牡6ネオユニヴァーストニービン
ネオブラックダイヤ牡6ゼンノロブロイエリシオ
ファタモルガーナセ6ディープインパクトエリシオ
フェデラルホール牡5ステイゴールドドクターデヴィアス
ホッコーブレーヴ牡6マーベラスサンデーダンシングブレーヴ
マイネルメダリスト牡6ステイゴールドアサティス
メイショウタマカゼ牡5ダイワメジャーコマンダーインチーフ
モビール牡6ハーツクライLear Fan
レイトライザー牡4ストーミングホームオペラハウス

天皇賞春3着馬が参戦

今年は比較的、“ステイヤーズS経験馬”が多い。

デスペラードは昨年の勝ち馬。ファタモルガーナも当レースで馬券になった経験があるし、メイショウタマカゼ、クリールカイザー、フェデラルホールあたりは昨年も出走している。

ただ、展開次第では巻き返しがあるだろうし、好走実績があるからといって安泰とはいえない。この辺りの見極めがポイントとなる。もちろん、未経験馬の適性の見極めも重要だ。

また、今回最も注目されるのは、なんといってもホッコーブレーヴの参戦だろう。

アルゼンチン共和国杯は案外だったものの、天皇賞春3着、日経賞2着と明らかに実績は一枚上手だ。どんなレースをするのか、注目していきたい。

最後に

参考になれば応援クリックお願いします。

なお、現時点で本命候補と考えているのはこの馬!

その馬の名(ステS)は↓↓(ランキング内で『ステS→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)