新潟芝1000mで行われる直千競馬アイビスサマーダッシュ。今回は、過去の好走馬たちの血統を振り返っていこう。

アイビスSD過去5年好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬
エーシンヴァーゴウファルブラヴThunder Gulch
エーブダッチマンアフリートノーザンテースト
アポロフェニックスアフリートCaerleon
ケイティラブスキャンムーンマツドネス
ジェイケイセラヴィスクワートルスクワートコマンダーインチーフ
マルブツイースターサクラバクシンオーウォーニング
カノヤザクラサクラバクシンオーWoodman
$アポロドルチェOfficerSummer Squall
アルティマトゥーレフジキセキトニービン
カノヤザクラサクラバクシンオーWoodman
$シンボリグランGrand LodgeLinamix
$アポロドルチェOfficerSummer Squall

※血統系統色別表

ここまで検証してきた通り、サンデーサイレンス系はほぼ壊滅状態。また、ミスプロ系やヴァイスリージェント系など、ダートの血が非常に目立つ。




☆━━━━PR━━━━☆
JIN競馬メルマガ
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

また、持続力と暑さに強いダンジグ系、底力を誇るセントサイモン系が強調できると記してきたが、エーシンヴァーゴウの父ファルブラヴはリボー(セントサイモン系)の影響を受けた種牡馬であり、ケイティラブの母父はセントサイモン系。

さらに13番人気ながら1着となったサンアディユもセントサイモンの血(父母父)を持っている。10番人気2着のシンボリグランは父グランドロッジ(ダンジグ系)であり、これらの血統は積極的に狙っていくべきだろう。

“重馬場の鬼”マッチェム系の圧倒的なパワー

そして今日紹介したいのは、4年連続で好走馬を輩出している。マッチェム系について。マッチェムは、アメリカを代表する名馬マンノウォーを生み出した系統で、非常にパワーに優れている血統だ。

ダートはもちろん、重馬場のようなパワーを必要とされる舞台で活躍する栄光にあり、アイビスSDにおいても4年連続で好走馬を輩出。特に16番人気マルブツイースター(母父マッチェム系ウォーニング)の激走には誰もが驚かされたことだろう。

2年連続で好走した父マッチェム系オフィサーのアポロドルチェも含め、同馬たちが好走できた要因はこの圧倒的なパワーに由来する。

今年も当然注意が必要だろう。

エーシンヴァーゴウ(母母父マッチェム系)は当然として、あの馬もマッチェムのパワーを色濃く受けた馬だ。しかも同馬はセントサイモンの血も持ちあわせており、血統的には大注目の1頭。その馬とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!