年末特別企画として、「今さら聞けない!競馬で勝つための方法」を何度かに分けて更新していく。

こういったたぐいの質問を受けることが少なくないので、いい機会だし、まとめておきたいと思っている。

下記の記事を読んでいない方はまずこちらから↓

競馬で勝つ方法とは?
【第1章】競馬で負ける理由
【第2章】競馬で絶対に負けない方法
【第3章】競馬で勝つための方法

【第3章】競馬で勝つための方法

ここまで、「競馬で勝つためには、【自信のない】馬券を買わないで、【自信のある馬券だけを買う】」ことが重要だと書いた。

では、より具体的に「勝ち組」になるためにするべきこととは何なのだろうか?

私は以下の概念が、競馬で勝つ上で最も重要だと考えている。その概念とは……

期待値の高い馬を買い続けること

これに尽きる。

「期待値」といっても様々な解釈があると思うが、私が考える「期待値」とは「オッズと比較して好走の可能性が高い馬」である。

好走の可能性が高いにもかかわらず、それがオッズに反映されていない場合、的中時に得られる配当は期待以上のものになる可能性が高い。

だから、期待値が高い馬を見極めることこそ、競馬で最も重要なことなのだ。

より具体的な話をしよう。

例えば、「前走明らかな不利があったにもかかわらず、人気落ちしている馬」について考えてみよう。

前走、4コーナーで抜群の手応えだったにも関わらず、直線で前が詰まって8着に終わった馬がいるとする。この馬は明らかにレースで実力を発揮していない。しかし今走、その馬が人気を落としていたとする。

前走、不利がなければ勝ち負けの馬が不当な人気で出走してくる。馬券になる確率が高いにもかかわらず、高い配当が期待できる。

つまり、この馬は「期待値が高い馬」と言い換えることができるのだ。

期待値が高い馬を買い続けることで、予想以上の配当を手にする。これを続けていけば、収支は安定するだろうし、年間を通じてのプラス収支も夢ではなくなってくる

期待値の高い馬を買い続けること。

これが、馬券で勝っている人間のポリシーだ。

さて、年明けには中山、京都で金杯が行われる。ここでは現時点での「軸馬候補」を明かしておこう。

その馬の名(A、B)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!