東京新聞杯過去5年好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬
ガルボマンハッタンカフェジェネラス
コスモセンサーキングカメハメハリヴリア
ヒットジャポットフジキセキリアルシヤダイ
スマイルジャックタニノギムレットサンデーサイレンス
キングストリートキングカメハメハRed Ransom
ゴールスキーネオユニヴァースNureyev
レッドスパーダタイキシャトルStorm Cat
トライアンフマーチスペシャルウィークダンシングブレーヴ
$エーシンフォワードForest WildcatCure the Blues
アブソリュートタニノギムレットサンデーサイレンス
キャプテンベガサンデーサイレンストニービン
スマイルジャックタニノギムレットサンデーサイレンス
ローレルゲレイロキングヘイローテンビー
リキッドノーツエルコンドルパサーRiverman
タマモサポートタマモクロスジョリーズヘイロー

注目したい血統はいくつかあるが、今日はロベルトの血について触れることにする。

東京新聞杯の歴史を振り返ると、数多くのロベルト系が台頭している。

しかもほとんどが人気薄。馬券的な美味しさを運んでくれる血統なのである。

実際、過去4年(5年前は該当馬なし)を振り返ってみると、1桁人気で父か母父がロベルト系だった馬の成績は(2−1−2−4)。実に3着内率5割を超えている。

さらに3着内に来た馬の人気は9、5、7、5、7と人気薄ばかり。これは注目してしかるべきだろう。

今年も複数のロベルト系が出走する見込み。中でもこの馬は面白い存在になるだろう。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

今週末開催の重賞、G㈼京都記念を獲る!

先月大幅なリニューアルをしてから格段に使い勝手がよくなったコチラのサイト。

充実の無料コンテンツはもちろんだが、特にオススメなのが毎週企画されている『戦略最前線』というメニュー。
厳選されたレースはかなりの精度を誇っています。

ちなみに私はこのサイトの情報を元に、先日のシルクロードSにて68万を超える払い戻しを手にしました。

無料情報だけでも一見の価値あり!

競馬戦略会議室TACTICS

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!