クイーンSを制したアイムユアーズの父ファルブラヴ 【撮影】阪神サラブレッドクラブ

クイーンSは3歳牝馬路線で1冠を目指すアイムユアーズが勝利。秋華賞へ向かうと思いますが、弾みをつける勝利となりました。

アイムユアーズは父ファルブラヴ、母父エルコンドルパサーという血統。

ファルブラヴの父フェアリーキングは注目血統として名前を挙げたサドラーズウェルズの全弟。サドラーズウェルズよりもスピード系だが、当然この舞台では強調できる血統だ。




JIN競馬メルマガにて!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

しかも父母父はボールドルーラー系のスルーピー。ボールドルーラーは馬場的にもレースの傾向的にも強調できる血統だったため、アイムユアーズは好走できる下地をかなり持っていたといえる。

そして母父のエルコンドルパサーは凱旋門賞2着であり、こちらもサドラーズウェルズの血を持ち合わせている。これだけでは重たすぎるわけだが、母母父サンデーサイレンス、母母母父ノーザンテーストという日本的な血統も持ち合わせる分、スピード面での不安も拭いきれたわけだ。

人気薄で激走した2着のラブフールは父ゼンノロブロイ、そしてこちらも母父エルコンドルパサーという血統。ゼンノロブロイは当コースで高い成績を残している種牡馬。サンデーサイレンス系の中では瞬発力よりも持続力タイプであるだけに、適正は高かったといえる。

最終的には大外を嫌って切ってしまったが、人気を考えれば買い目に入れるべき血統だったと反省。

そして3着のミッドサマーフェアは父に特注血統であるリボーの影響を受けるタニノギムレット、母父がキングマンボという血統。コース適性が低いタニノギムレットだけに今回は嫌った形だったが、セントサイモンの力恐るべし。また、上位3頭すべてが母父キングマンボ系というのも、そういう馬場だったということ。

ミッドサマーフェアに関しては人気も含めて買うことは難しかったが、ラブフールは抑えるべき馬。まだまだ甘い。

小倉記念で大注目の“特注血統”

さて、来週のメインは小倉芝2000mで行われる小倉記念。

昨年は1着イタリアンレッド(4番人気)、2着キタサンアミーゴ(15番人気)、3着リクエストソング(8番人気)で87万馬券となったレースだ。今年も波乱を期待したいところ。

血統的には、毎年傾向がはっきりしている。昨年好走した3頭も持っていた“特注血統”を特別に先行公開しておこう。その血とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!