函館記念過去5回好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬
キングトップガンマヤノトップガンマルゼンスキー
マヤノライジンマヤノトップガンDanzig
アクシオンサンデーサイレンスDixieland Band
マイネルスターリースターオブコジーンサンデーサイレンス
ジャミールステイゴールドSadler’s Wells
ドリームサンデータイキシャトルブライアンズタイム
トーセンキャプテンジャングルポケットサンデーサイレンス
フィールドベアーフジキセキトニービン
マンハッタンスカイマンハッタンカフェGo for Gin
エリモハリアージェネラスブレイヴエストローマン
ロフティーエイムサンデーサイレンスLord Avie
サクラメガワンダーグラスワンダーサンデーサイレンス
エリモハリアージェネラスブレイヴエストローマン
エアシェイディサンデーサイレンスノーザンテースト
マヤノライジンマヤノトップガンDanzig

 

函館芝2000mで行われる函館記念。

昨日は3連覇を成し遂げたエリモハリアーを取り上げ、持続力と底力が求められるという点について述べた。本日は具体的にどのような血統が良いのか、見ていくことにしよう。

☆━━━━PR━━━━☆
JIN競馬メルマガ
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

まずは底力と言えばセントサイモン系だろう。

史上最も偉大な種牡馬と言われるセントサイモン。その影響力の強さゆえに“悲劇”を呼ぶことになったが、その力は現代競馬においても健在。

エリモハリアーの父ジェネラスはセントサイモン系の3×3という配合で、非常に底力を感じさせる。

他の好走馬を見ても、マヤノトップガンやブライアンズタイム、グラスワンダーにはリボーの血が流れているし、マヤノライジンは母母父がセントサイモン系。非常に強調できる種牡馬であることは明らかだ。

底力の次は持続力の血。こちらはナスルーラ系、特にグレイソヴリンやネヴァーベンドの血に注目したい。

実際、過去5回中2回は母父ネヴァーベンド系、2回は父グレイソヴリン系。そして昨年のキングトップガンにしても母母父にグレイソヴリン系アローエクスプレスの血を持っていた。

持続力レースにおいて、ナスルーラの血は不可欠といえるのだ。

当然、今年の函館記念においても、これらの血を持つ馬は非常に強調できる。今年、セントサイモン系とナスルーラ系の両方の血を3代目以内に持つ馬は2頭。

1頭はメイショウクオリアだが、同馬は母方がアメリカ血統であり、底力という点ではやや疑問。となるとやはりこの馬に注目せざるをえないだろう。

特注血統を2つとも色濃く持つ、その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在30位!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!