(C)阪神サラブレッドクラブ
(C)阪神サラブレッドクラブ

先週は京王杯2歳S、ファンタジーSと、2つの2歳重賞が行われた。

しかし、最も注目を集めた2歳戦は黄菊賞ではなかっただろうか?

トゥザヴィクトリーの仔でトゥザグローリーの全弟トゥザワールド、名牝ダンスインザムードの仔でホワイトマズル産駒のシャドウダンサー、そして新馬戦で9馬身差の圧勝劇を演じたオーシャンヒーロー、さらにスティンガーの仔キングズオブザサンまで出走していたのだから。

結果はトゥザワールドが道中好位からうまく立ちまわって押し切り、2着には差してきたシャドウダンサーが、そして3着にはペースを作ったオーシャンヒーローが入った。

このレース、レベルは相当なものだった

レコード決着に価値があるとは思わないが、1.46.5という時計は2歳戦にしては破格の時計だ。しかも内容も濃い。それはレースラップを見れば明らかになる。

12.5−11.1−11.2−11.6−12.1−12.2−11.8−12.0−12.0

注目点はオーシャンヒーローが作り出したペースにある。前半から飛ばしに飛ばして、11秒台を連発。追走する馬たちをバテさせるには十分なペースを作った。

普通の馬なら自分もバテてしまうが、オーシャンヒーローは実力が一枚上の馬だったから、この流れでも沈まずに踏みとどまった。

しかし、さらにその上をいく馬がいた。それが、トゥザワールドだった

通常、こんなペースを追走したら特に2、3番手の先行勢はバッタバタになってしまう。実際、4コーナーで同じような位置にいたメイショウコルノやビタミンエースは下位に沈んでいる。

しかし、トゥザワールドはバテずにジリジリしぶとく伸びて1着を手中にした。このパフォーマンスの高さには驚かされた。しっかり差してきたシャドウダンサー、3着を確保したオーシャンヒーローも含めて、この3頭はいつ重賞を勝ってもおかしくない実力を持っていると断言しておきたい。

今回は黄菊賞にフォーカスしたが、私のメールマガジンでは重賞の検証と予想だけでなく、「先週の復習」をして「次走の狙い馬」を皆様に届けている。

今回負けたが次狙える馬」や「今回好走したが次走では狙えない馬」というように、馬券に直結した内容になっているので、興味がある方はぜひ購読してみてほしい。

JIN競馬メールマガジン~徹底検証&予想~[PC版]

JIN競馬メールマガジン~徹底検証&予想~[モバイル版]

さて、今週はマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップが行われる。現在、人気ブログランキングの紹介欄には「危険な人気馬」と「好走率100%の“激走ローテ”を見つけるためのヒント」を公開中! ぜひ、チェックしてみよう!

その答えは→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!