ステイゴールド産駒との相性の良さが目立つ武豊騎手 【撮影】arima0208

特定の騎手が特定の種牡馬と相性が良いというのは結構ある。

最近、武豊騎手がステイゴールド産駒に乗ると走っているなーという印象だったのでちょっと調べてみたら、かなり相性が良いことがわかりました(いまさら?)




JIN競馬メルマガにて!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

今年、武豊騎手がステイゴールド産駒に乗った場合の成績は(1−5−1−2)。現役時代のステイゴールドの血をしっかり受け継いだ産駒たちは、勝ち切ることこそできていませんが(笑)、相当な好走率を誇っています。

ただ、これは何も最近だけの話しではなかったようで、すべての記録を調べてみると……

ステイゴールド  騎手別集計

騎手着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
武豊11- 9- 9-24/5320.8%37.7%54.7%78113

ご覧のとおり、複勝率は6割近く、複勝回収値は100を超えています。これは全騎手の中で最も優れた数字です。

先週はナリタクリスタルで穴を開けるなど、中穴での好走も目立つようになってきた武豊騎手。衰えを指摘する声が後を耐えず、まぁ実際全盛期の力はないわけですが、それでもまだまだ存在感を示しています。

そして武豊騎手、復活への鍵は、ステイゴールドが握っているのかも、しれません。

ちなみに次に相性が良いのは、意外なことにフレンチデピュティ。以下、デュランダル、ハーツクライ、キングカメハメハと続いていますので、これらの産駒に乗る際には注目してみても面白いかもしれませんね。

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
参考になった方は応援クリックお願いします!