今週から東京開催が開幕する。

いい機会なので今回は特別に、東京開催で使える“ゲキ馬”を一部公開したい

1月は100頭以上を提供し、複勝率40%超、複勝回収値100超を記録した“ゲキ馬”。東京で使えるファクターとは何なのだろうか?

ディープインパクト×上がり1位

今回紹介するのは、東京競馬場の芝コースで使えるファクターだ。

東京競馬場といえば直線が長く、差しが決まりやすい。いいかれば、瞬発力が求められる。瞬発力が求められるコースに強い血統といえば、ディープインパクトだろう。

この2つの要素を組み合わせて“ゲキ馬”を導き出していこう。

単純な話で、ディープインパクト産駒は「秀でた瞬発力を使える裏付け(=血統)」を持っている。

ただ、血統がいかに優れていてもズブい馬はいる。だから血統に加え、「実際に速い上がりを使った実績」に注目するべきだ。

「瞬発力が使える裏付け」に加え、「実際に使った実績」があれば、今回も速い上がりを使える可能性が高い。速い上がりを使えれば、馬券に絡んでくる可能性は非常に高い、というわけだ。

・ディープインパクト産駒
・前走上がり1位
・10番人気以内

上位に合致する馬の成績は……

着別度数勝率複勝率単回値複回値
28- 27- 19- 73/14719.0%50.3%4590

集計期間:2010.10. 9 ~ 2014.11.30

ご覧のとおり、複勝率50%、複勝回収値90という優秀な成績が残っている。

ただ、回収値が100を超えなければダメ。ここにさらに“スパイス”を加えていこう。

まず競走馬は馬格がある方が相対的に期待値が高い。よって平均より小さな馬(460キロ未満)の馬は対象外とする。

さらにディープインパクト産駒は使えば使うほど“枯れていく”ため、キャリアが多すぎる馬はマイナス。キャリア15戦以内のフレッシュな馬だけ狙いたい。

この2つのマイナスファクターを除外した際の成績は……

着別度数勝率複勝率単回値複回値
21-16-13-21/7129.6%70.4%69121

集計期間:2010.10. 9 ~ 2014.11.30

なんと複勝率は70%超、複勝回収値120超という秀逸な成績が残っている。

特に昨年は凄まじく、複勝回収値144を記録。2年前は100を少し割ったが、それでも98。3年前は112を記録しているため、まずまず信頼性の高いファクターと言って良さそうだ。

私はここに、さらにいくつかのスパイスを足して精度を高めていくわけだが、これだけでも十分に使えるファクターと言えるだろう。早速、週末に使ってみてはいかがだろうか?

ちなみに今週、このファクターに該当することが確実なのがこの馬だ。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!