今年のクラシックは本当に分からない。先週末の弥生賞では、(世間一般では)クラシックの最有力候補と思われていたコディーノとエピファネイアが揃って出走したが、ともに連を外す失態を演じた。

なぜ今年はこれほどまでに、強い馬がいないのか。それは、血統面を見ればある程度理由が見えてくる。

非常に単純な話なのだが、血統的に“底力を感じさせる馬”がほとんどいないのだ。

例えば過去5年のクラシック優勝馬と比較してみると、その違いは歴然である。

過去5年クラシック優勝馬

ゴールドシップ
オルフェーヴル
ステイゴールド×メジロマックイーン
(3冠馬の父×天皇賞春馬)

ビッグウィーク
バゴ×サンデーサイレンス
(凱旋門賞馬×SS)

エイシンフラッシュ
キングズベスト×プラティニ
(凱旋門賞馬の父×重厚なドイツ血統)

スリーロールス
ダンスインザダーク×ブライアンズタイム
(菊花賞×3冠馬の父)

ロジユニヴァース
ネオユニヴァース×ケープクロス
(ダービー馬×凱旋門賞馬の父)

アンライバルド
ネオユニヴァース×サドラーズウェルズ
(ダービー馬×凱旋門賞馬の父)

ご覧のとおり、クラシックレースを制したほとんどの馬が、父と母父がともにダービー以上の距離(2400m)で実績がある種牡馬か欧州の中距離(=特に凱旋門賞関連馬)で実績のある馬だった。

一方、今年のクラシック有力馬(と言われる馬)たちをみてみると……

コディーノ
キングカメハメハ×SS
底力不足

エピファネイア
シンボリクリスエス×SS
底力不足

タマモベストプレイ
メイケイペガスター
父フジキセキ(クラシックと無縁)

コパノリチャード
父ダイワメジャー(2400m以上のGIで実績なし)

ご覧のとおり、血統的な不安要素が満載で、ほとんど信頼を置ける血統の馬がいないのだ。トライアルでこれほど、クラシックの王道血統が勝たない年も珍しい。

今年のクラシックは果たしてどうなっていくのか。これから新たな馬の台頭があるのか。それともこのまま混戦のまま本番を迎えるのか。

ちなみに、私が現時点で皐月賞の本命にしようと思っている馬は、底力のあるこの馬!その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

無料情報でも本当によく当たるサイトとして評判のサイト

ここは本当に使えます。かなりおススメ。

http://k-tactics.jp/

無料コンテンツも多彩で、中でも面白いのが【重賞注目のダークホース】

毎週重賞に出走する馬の中から1頭ピックアップしているのだが狙い目はさすがの一言。

次はいよいよ中山牝馬Sとフィリーズレビューが開催。必ずチェックしてから馬券購入してもらいたい。

今週の注目馬を今すぐ無料でチェック!

http://k-tactics.jp/

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!