東西金杯はともに外国人騎手が勝利をかっさらった。両レースともに1人しかいなかったにもかかわらず、(しかもそれぞれ5、6番人気で)勝った外国人ジョッキーの技術はさすがだ。そんな中で京都金杯でマイネルラクリマに騎乗した柴田大知騎手に批判が集中している。