実質4頭立てとなった今年の東京大賞典。本命はニホンピロアワーズに打つ。昨年のJCダートで本命に抜擢し、今年も高い評価をしたように、絶対的な能力は依然として現役トップクラス。前走は休み明けの分、最後で力尽きたが、もともと叩いて良くなっていくタイプであるだけに、ここへの過程という意味では絶好のローテーションだろう。